作者アーカイブ: Nature of Kagoshima 編集部

環形動物

046-086

鹿児島湾で発見された小型ツバサゴカイ科環形動物の記録(三浦知之)

鹿児島湾は,陸域に囲まれた峡湾で,水深は 一部が 200 m を超え,また,湾奥部にはタギリと して知られる火山活動に関連する独特の生物相に も特徴付けられている.湾奥内陸の霧島山系から, 湾外に広が…
Continue Reading
保護・保全

046-085

鹿児島県の外来植物 I : ヨシススキとキンチャクソウ属の 1 種サケバキンチャクソウ (新称)(田金秀一郎・丸野勝敏・中川優花里・宮本旬子)

外来植物は,侵入先の生態系を脅かす事例が 世界各地で数々報告されており,特に近年は急速 に拡大・活発化する人やモノの移動に伴って増加 傾向にある. 2010 年 10 月に名古屋で開催された生物多様性…
Continue Reading
魚類

046-084

和歌山県における過去のイワナ(キリクチ)の 自然分布の聞き込み調査,イワナの移入の実態, およびキリクチの背部の白斑について(岩槻幸雄 • 関伸吾• 山本彰徳・森澤友博・ 稲野俊直・斉藤裕也・平嶋健太郎)

Habitat and actual records of charr, Salvelinus leu- comaenis, from Wakayama Prefecture were investi…
Continue Reading
保護・保全

046-083

ウミガメ類の卵捕食対策の検討 (その 2 : 対策資材の検討)(稲留陽尉・有元光久)

鹿児島県は日本一のウミガメ類の上陸・産卵 地となっており,特にアカウミガメは毎年数千頭 が上陸・産卵している(鹿児島県,2018).昭和 63 年には「鹿児島県ウミガメ保護条例」が制定 され,各種の保…
Continue Reading
保護・保全

046-082

ウミガメ類の卵捕食対策の検討 (その 1 : 産卵巣の保護)(稲留陽尉・興克樹・郷歩美)

鹿児島県は日本一のウミガメ類の上陸・産卵 地となっており,特にアカウミガメは毎年数千頭 が上陸・産卵している(鹿児島県,2018).昭和 63 年には「鹿児島県ウミガメ保護条例」が制定 され,各種の保…
Continue Reading