会誌「Nature of Kagoshima」について

「自然愛護」から「Nature of Kagoshima」へ

1967年に発足した鹿児島県自然愛護協会は、1975 年から年会誌「自然愛護」を発行してきました。
2007年3月に発行された「自然愛護33」が最終巻となります。
本会誌は自然を愛護するだけではなく、生物や環境を含めた鹿児島の自然の基礎データや魅力を伝える情報誌の役割があります。
2008年から「自然愛護」を引き継ぐかたちで、内容をより忠実に表現した「Nature of Kagoshima(別名:カゴシマネイチャー)」を新会誌名としました。
なお、本巻から国際基準逐次刊行物番号(ISSN1882-7551)を取得しました。
ISSN: 1882-7551 (Print) 2433-2143 (Online)

「Nature of Kagoshima」は、「自然愛護」と同様に白黒印刷で冊子体が発行されます。
しかし新会誌ではフルカラーのオンラインバージョン(PDF)も同時に発行します。
一枚のきれいな写真が一ページの文章より情報量が多いこともあります。
本協会の会員でPDFの送付を希望される方は事務局までメールでご連絡下さい。
編集担当理事: motomura@kaum.kagoshima-u.ac.jp(本村 浩之)