アーカイブ: 4月, 2019

魚類

九州沿岸初記録のマツバギンポとフタホシニジギンポ(餅田樹・森下悟至・本村浩之)

イソギンポ科魚類(Blenniidae)は世界で約60 属390 種が知られており,そのうち30 属80 種が 日本国内から記録されている(村瀬ほか,2011; 藍澤・土居内,2013).薩摩半島西岸…
Continue Reading
魚類

モヨウキカイウツボの奄美群島からの初めての記録, 本種の国内における分布記録の再検討, および水中写真に基づくUropterygius cf. polyspilus の記録(和田英敏・本村浩之)

ウツボ科キカイウツボ属Scuticaria は,肛門が 体中央部よりはるかに後方に位置する,尾部が非 常に短い,不対鰭が不明瞭で,尾部の後端部にの み存在する,両顎に2 列の鋭い円錐歯列をもつ, およ…
Continue Reading
魚類

平島から得られた標本に基づく トカラ列島初記録のヒゲニジギンポ(森下悟至・本村浩之)

ニジギンポ族(Nemophini)は底生生活をおこ なう種が多いイソギンポ科魚類の中で,鰾を有し 遊泳生活をおくることが知られており,世界の暖 海に5 属50 種以上が知られている( 村瀬, 2018…
Continue Reading
魚類

奄美大島から得られた奄美群島初記録のミカヅキツバメウオ(上城拓也・前川隆則・本村浩之)

ミカヅキツバメウオPlatax boersii Bleeker, 1853 は,日本からインドネシアにかけての西太平洋に 分布するマンジュウダイ科魚類である(岸本ほか, 1988; 岸本,1997;H…
Continue Reading
魚類

奄美大島から得られた琉球列島初記録の 黒褐色を呈するハモ(上城拓也・前川隆則・本村浩之)

ハモ科Muraenesocidae は紅海を含むインド洋 および西太平洋の温帯から熱帯域に広く分布し, 日本近海からは2 属4 種が知られている(波戸岡, 2013).そのうちハモMuraenesox…
Continue Reading