アーカイブ: 3月, 2018

魚類

鹿児島県から得られたイサキ科魚類ヒレグロコショウダイの記録(畑晴陵・伊東正英・本村浩之)

イサキ科コショウダイ属 Plectorhinchus は,背鰭棘を 11 本以上そなえ,背鰭軟条数が 14–22 であること,側線上方横列鱗数が 10–17 であることなどによって特徴づけられる( M…
Continue Reading
魚類

奄美群島沖永良部島から得られたモンガラカワハギ科ソロイモンガラ(川間公達・本村浩之)

モンガラカワハギ科ソロイモンガラ属 Melich-thys は,口が端位であること,歯が白いこと,両顎の先端の歯が門歯状であること,鰓孔後部に骨質の肥大鱗があること,眼前に 1 縦溝があること,背鰭第…
Continue Reading
魚類

宇治群島から得られた魚類 3 種の記録(畑晴陵・川間公達・本村浩之)

宇治群島は南さつま市笠沙町野間岬の南西約70 km ( 31°11ʹN, 129°27ʹE 付近),甑列島の南方,草垣群島の北方に位置する無人島のみからなる群島である.群島を形成する主な島は宇治島(家…
Continue Reading
軟体動物

鹿児島湾喜入での防災整備事業により破壊された干潟における 腹足類貝類の動物相の生態回復(村永蓮・高田滉平・冨山清升)

干潟は河川が運んだ土砂が河口付近や湾奥などの海底に堆積し,干潮の際に海面上へ姿を現したものであり,水質浄化や生物多様性の保全など重要な役割を持った環境である.日本の干潟は , 全国 で 過 去 60 …
Continue Reading
12