Nature of Kagoshima vol.39 (カゴシマネイチャー39巻)2013年5月21日発行

- ページ 2

哺乳類

039-030

世界自然遺産登録地屋久島西部地区でのシカによる 生態系被害回復モニタリング — 防鹿ネット柵設置後 3 年間の植生の変化 —(寺田仁志・手塚賢至・荒田洋一)

ニホンジカの増加による生態系被害は全国各地 で問題になっているが,県内でも霧島,紫尾山系, 屋久島,臥蛇島等でも食害が著しく,植生に大き なダメージを与えている.屋久島内を見ると特に 世界自然遺産登録…
Continue Reading
藻類

039-029

出水平野で確認されたオキチモズク(Nemalionopsis tortuosa) の生育状況(稲留陽尉・山本智子)

オキチモズクは,日本特産の淡水紅藻類であり, 浅い小流中の石に付着する.晩秋から晩春の時期 に周辺の水温より高い流水中に生育する(熊野, 2000).1938 年に愛媛県旧川内町(現在の東温市) のお…
Continue Reading
菌

039-028

鹿児島県産ケシボウズタケ属 Tulostoma の生態(黒江修一)

ケシボウズタケ属 Tulostoma の大半は,海浜砂 地,荒れ地,石灰岩地といったおよそきのこのイ メージとは似ても似つかない環境を生息場所とし ている.現在,わが国では 7–8 種ほどに和名が与 …
Continue Reading
軟体動物

039-027

鹿児島湾におけるイシダタミガイ Monodonta labio confusa Tapprone-Canefri, 1874 の生活史および 殻の内部成長線分析に基づく年齢推定(橋野智子・冨山清升)

Monodonta labio confusa belonging to the Trochidae is a tidal snail, is distributed along the west c…
Continue Reading
軟体動物

039-026

鹿児島県喜入干潟におけるフトヘナタリ Cerithidea rhizopyorarum の繁殖行動(福留早紀・冨山清升)

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum は,西 太平洋の熱帯・亜熱帯に分布し,日本では東京湾 以南で見られる雌雄異体の巻貝である.鹿児島県 鹿児島市喜入町愛宕川流域の河口干潟は…
Continue Reading
軟体動物

039-025

鹿児島県喜入干潟における海産巻貝ウミニナ Batillaria multiformis (Lischke, 1869) (腹足綱ウミニナ科)の貝殻内部成長線分析(金田竜祐・中島貴幸・片野田裕亮・冨山清升)

軟体動物の大部分は移動能力が低く,生息地 の不適環境に耐えて生活する必要がある.そのた め,軟体動物は様々な成長障害(ディスターバン ス)を受けることになり,貝類の成長線はこのディ スターバンスによっ…
Continue Reading