作者アーカイブ: Nature of Kagoshima 編集部 - ページ 3

両生類

046-097

カスミサンショウウオの環境保全措置 -集水桝に設置した這い上がり用スロープの効果検証-(徳重恵一郎・石塚眞友・衣笠淳・印部善弘・鮫島正道)

カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus はこ れまで西日本に広く生息する種であったが,2019 年に細分化されたことで,福岡県から鹿児島県に かけて分布する九州地方における止水性の…
Continue Reading
魚類

046-096

種子島初記録の準絶滅危惧ハゼ科魚類ヒゲワラスボ(古𣘺龍星・是枝伶旺・本村浩之)

ヒゲワラスボ Trypauchenopsis intermedia Vols, 1903 は体が無鱗で細長い,背鰭が 1 基で基底が長い, 背鰭と臀鰭の鰭膜が尾鰭と連続する,頭部全体に ひ げ を も…
Continue Reading
魚類

046-095

鹿児島県薩摩半島南岸から得られた魚類 4 種の記録(古𣘺龍星・是枝伶旺・本村浩之)

近年,鹿児島県薩摩半島沿岸から鹿児島県本土 初記録または九州沿岸初記録となる魚類が次々と 報告されており(例えば森下・本村 2019;萬代ほ か,2019;上城ほか,2019;藤原・本村,2019; …
Continue Reading
甲殻類

046-094

茨城県鹿島灘産アカムツに寄生していた ソコウオノエ Ceratothoa oxyrrhynchaena(等脚目ウオノエ科)(長澤和也・栗原正彦・植松幸希)

Ceratothoa oxyrrhynchaena Koelbel, 1878 was found in the buccal cavity of blackthroat seaperch, Do- …
Continue Reading
甲殻類

046-093

The cymothoid isopod Nerocila phaiopleura parasitic on gnomefish, Scombrops boops, in coastal Pacific waters of central Japan, with an updated list of the hosts reported from Japan (Kazuya Nagasawa and Susumu Isozaki)

Nerocila phaiopleura Bleeker, 1857 was collected from the body surface of gnomefish, Scombrops boops…
Continue Reading
魚類

046-092

遠州灘から得られたベニマトウダイの記録と 本種の成長変化に関する新知見(手良村知功・藤川大学・和田英敏)

ベニマトウダイ科ベニマトウダイ属 Parazen Kamohara, 1935 は全世界からベニマトウダイ Para- zen pacificus Kamohara, 1935 のみが知られており (…
Continue Reading