ウツボ科キカイウツボ属Scuticaria は,肛門が 体中央部よりはるかに後方に位置する,尾部が非 常に短い,不対鰭が不明瞭で,尾部の後端部にの み存在する,両顎に2 列の鋭い円錐歯列をもつ, および前鼻孔と後鼻孔が筒状であることなどの形 態的特徴をもち(Böhlke and McCosker, 1997),日 本国内を含む全世界からモヨウキカイウツボ Scuticaria tigrina (Lesson, 1828) とキカイウツボ Scuticaria okinawae (Jordan and Snyder, 1901) の2 有効種が知られている(波戸岡,2013; Fricke et al., 2019).
モヨウキカイウツボはこれまで国内において 紀伊半島,伊豆諸島八丈島,小笠原諸島父島,屋 久島,口永良部島,沖縄諸島および西表島から記 録されており(山川ほか,1994; Senou et al., 2002; Tawa et al., 2012; Motomura and Harazaki, 2017;木 村ほか,2017;波戸岡,2018),サンゴ礁域の浅 場に生息し,小型の魚類や甲殻類などを捕食する 生態が知られている(Yukihira et al., 1994;波戸岡, 2018). 2019 年3 月22 日に奄美大島の潮間帯で1 個体 のモヨウキカイウツボが採集された.この標本は 本種の奄美群島からの初記録となるため,ここに 報告する.さらに,日本におけるモヨウキカイウ ツボの過去の分布記録を再検討した.

モヨウキカイウツボの奄美群島からの初めての記録, 本種の国内における分布記録の再検討, および水中写真に基づくUropterygius cf. polyspilus の記録(和田英敏・本村浩之)