屋久島初確認のアカオビハナダイ (ハタ科ハナダイ亜科)および明治時代から現在までに屋久島から確認された魚類の総種数

2019年11月5日,第2著者によって,屋久島の一湊沖(30°27ʹ34ʺN, 130°29ʹ24ʺE)水深20 mの海底付近でアカオビハナダイPseudanthias rubrizonatus (Randall, 1983)が撮影された.本写真は本種の屋久島からの初めての記録となるため,ここに報告する.また,1906年(明治39年)に出版された,屋久島産魚類に関する初めての報告であるJordan and Starks (1906)から本報告に至るまでの間に出版された同島魚類の記録を整理し,時系列に概観する. なお,本報告に用いた水中写真は,鹿児島大学総合研究博物館の画像データベース(KAUM–II: Kagoshima University Museum–Ichthyological Images)に登録されている.