奄美大島から得られた薩南諸島初記録および北限記録のイトヨリダイ科魚類ジャバイトヨリ

イトヨリダイ科イトヨリダイ属のジャバイトヨリNemipterus tambuloides (Bleeker, 1853)は,アンダマン海から日本,フィリピン,インドネシアにかけてのインド・西太平洋に広く分布する(Russell, 1990, 2001;藍澤・土居内,2013).本種はタイ国においては釣りや底曳網によって通年大量に漁獲されるものの(Russell, 1990, 2001),日本国内における記録は乏しく,西表島からのものに限られていた(藍澤・土居内,2013). 近年,奄美大島における魚類相調査の過程で,2個体のジャバイトヨリが採集された.これらの標本は鹿児島県における本種の標本に基づく初めての記録となると同時に,分布の北限を更新するものとなるため,ここに報告する.