Nature of Kagoshima vol.42 (カゴシマネイチャー42巻)2016年5月23日発行

- ページ 3

棘皮動物

042-067

吐噶喇列島宝島と奄美群島徳之島沿岸より得られた トラフクモヒトデ Ophioplocus giganteus(クモヒトデ目クモヒトデ科)(上野大輔)

A poorly known brittle star, Ophioplocus giganteus Irimura and Yoshino, 1999 (Ophiuroidea: Ophiurida…
Continue Reading
昆虫類

042-064

奄美群島与路島のアリ(福元しげ子・山根正気・平瑞樹)

与路島は請島とともに加計呂麻島の南方に位 置し,請島からは 4 km 離れている(Fig. 1).行 政上は鹿児島県大島郡瀬戸内町に属する.周囲 km,面積 km 2 の小島で,人口は 137 人 で…
Continue Reading
甲殻類

042-063

鹿児島県本土におけるケフサイソガニとタカノケフサイソガニの分布(黒江修一)

ケ フ サ イ ソ ガ ニ Hemigrapsus penicillatus (de Haan, 1835) は,北海道から沖縄までの内湾や河 口域の石の下などに最も普通にみられるカニの一 種で,鹿児…
Continue Reading
甲殻類

042-062

ヒメアシハラガニモドキ Neosarmatium indicum (A. Milne-Edwards, 1868) の奄美大島における初記録(鈴木廣志・米沢俊彦)

奄美大島における甲殻十脚類に関する研究は, 1963 年の上田による淡水産エビ類に関する研究 に始まり,その後汽水 ― 陸水域の甲殻類相(諸 喜田,1975, 1979, 1989;武田,1989a;…
Continue Reading