コオロギ類は飼育・繁殖のしやすさや適度な 体サイズ,入手の容易さといった特徴から,実験 室内での生理学や遺伝学,行動学的な研究によく 用いられてきた(Gerhardt and Huber 2002).しか し,野外での生態についてはあまり研究例がない. 例えば,野外での食性や種間関係については報告 例が非常に少ない. コオロギ類の際立った特徴としてオスがメス を誘引したりオス同士が縄張りを主張したりする ために音響シグナルを用いることが挙げられる. 音響コミュニケーションの研究手法としては,実 験室内の統一条件下でオスの音響シグナルの特性 やメスの反応を測定するといったものが主であ る.したがって,他種の音響シグナルの影響を考 慮することはあまりない.例外として,種間交雑 に関する研究例は比較的多くある.例えば,分布 域の重ならないエゾエンマコオロギ Teleogryllus infernalis とタイワンエンマコオロギ T. occipitalis ではオスの求愛信号を両種のメスがうまく識別で きないが,両種と分布域が重なるエンマコオロギ T. emma の求愛信号を各種のメスは識別できる (Honda-Sumi 2005).これは種間交雑を避けるた めの適応であろう.このように,音響信号は標的 である同種他個体だけでなく,同じような音響信 号を用いている他種にも影響する.さらに,音響 信号を利用して捕食や寄生をおこなおうとする盗 聴者も存在する(Zuk and Kolluru 1998).この考 えを拡張すると,体サイズの大きな種が小さな種 の鳴き声を聞いて貴重な資源である好適な鳴き場 所を奪いに行くといった可能性も考えられる.こ のように,コオロギ達の種間関係には興味深い課 題が数多くある. コオロギ達の種間関係を解明していく上では, どういった種がどれだけ同所的に生息しているの かをまず解明する必要がある.そこで本研究では, 奄美大島の公園内の草むらで同所的に生息するコ オロギ類を定量的に明らかにした.なお,本稿は 栗和田(2018)に 2 年分のデータを追加し再解析 したものである.

奄美大島瀬戸内町清水公園内のコオロギ類の発生消長(栗和田隆)