メカジキ Xiphias gladius Linnaeus, 1758 はカジ キ亜目において唯一,腹鰭をもたないという特徴 をもち,本種のみでメカジキ科メカジキ属を構成 する(中坊・土居内,2013).本種は世界中の温 帯から熱帯域に生息し,国内においては北海道か ら九州南岸の日本海・東シナ海,太平洋沖,瀬戸 内海,琉球列島から広く記録されているが(中坊・ 土居内,2013),奄美群島における標本などに基 づ く 正 確 な 記 録 は 存 在 し な い(Mochida and Motomura, 2018; Nakae et al., 2018;本村ほか,2019). 2019 年 4 月に奄美大島近海から 1 個体のメカ ジキが水揚げされた.この個体は奄美群島におけ る本種の標本に基づく確かな記録となるため,こ こに報告する.

奄美群島におけるメカジキの確かな記録(是枝伶旺・前川隆則・本村浩之)