ヨウジウオ科タツノイトコ属 Acentronura タツ ノイトコ亜属 Acentronura は,尾鰭をもたないこ と,尾部が渦巻き状であること,眼球に骨質の小 板がないこと,頭部が躯幹部とほぼ同一体軸上に あること,躯幹部と尾部の上隆起線が連続するこ と,躯幹部中央隆起線と尾部下隆起線が連続する こと,および隆起線上に大きな棘をもたないこと などで特徴づけられる(Dawson, 1985).日本か らはタツノイトコ A. (A.) gracilissima (Temminck and Schlegel, 1850) とタツノハトコ A. (A.) tentacu- late Günther, 1870 の 2 種が記録されている(瀬能, 2013). タツノイトコは日本国内ではこれまでに伊豆 諸島,小笠原諸島,相模湾から高知県柏島までの 太平洋沿岸,山口県の日本海側沿岸,長崎県,鹿 児島県本土,奄美群島,および沖縄諸島から記録 されている(Dawson, 1985;グローバル・スポー ツ・クラブ,1992;Senou et al., 2002, 2006;山崎, 2004; 山 田,2011; 河 野 ほ か,2011; 瀬 能, 2013;Nakae et al., 2018).鹿児島県本土における 記録は水中写真に基づいており,これまで分布記 録の根拠となる標本は得られていなかった. 2016 年 4 月 23 日に鹿児島県南さつま市笠沙町 (薩摩半島西岸)から,2018 年 11 月 16 日に鹿児 島市稲荷川河口(鹿児島湾)からそれぞれ 1 個体 のタツノイトコが採集された.これらの標本は鹿 児島県本土におけるタツノイトコの標本に基づく 初記録となるため,ここに報告する.

鹿児島県本土におけるヨウジウオ科魚類タツノイトコ の標本に基づく記録(荒木萌里・山田守彦・本村浩之)