鹿児島県薩摩半島をほぼ網羅するかたちで 13河川を選定し,オニヌマエビ属と Australatya 属の出現と分布を 2016 年に調べた.その結果,半島南西部の久志川でのみオニヌマエビ Atyopsis spinipes (Newport, 1847) 7 個体,Australatya obscu-ra Han and Klotz, 2015 1 個体が出現した.生息域の環境的特徴は河床が礫や転石になっている瀬で,流れの速い瀬の転石の上や下,水生植物の根の間から採集された.採集地の水温は 11.1(12 月)~ 17.0℃(9 月)であり,低緯度地方に分布の中心がある本属にとって,薩摩半島南部を流れる久志川は生息に適した環境を有すると判断された.

鹿児島県薩摩半島におけるオニヌマエビおよび Australatya obscura (十脚目 : ヌマエビ科) の出現と分布(讃岐斉・讃岐綾南・讃岐真理子・大富潤)