クロサギ科 Gerreidae は日本近海には 2 属 14 種 が分布しており(波戸岡,2013),このうち 13 種 が ク ロ サ ギ 属 Gerres に 含 ま れ る( 波 戸 岡, 2013).Gerres macracanthus はインドネシア・ジャ ワ島のバタビア(現在のジャカルタ)から採集さ れた全長 95–131 mm の 6 標本に基づき Bleeker (1854) に よ っ て 新 種 記 載 さ れ た. そ の 後,G. macracanthus はイトヒキサギ G. filamentosus の新 参 異 名 と さ れ る こ と が 多 か っ た( 例 え ば Kühlmorgen-Hille, 1974; Woodland, 1983) が, Iwatsuki et al. (1996) によって有効種とされた.ま た,Iwatsuki et al. (1996) は本種 1 個体(IORD 76– 1347,体長 142.0 mm)を西表島から報告し,同 時に新標準和名ホソイトヒキサギを提唱した.そ の後,竹内ほか(2011)は本種 1 個体(KUN-P 42019)を和歌山県南部から報告した.現在,ホ ソイトヒキサギの国内における分布は西表島と和 歌山県とされている(竹内ほか,2011;波戸岡, 2013;吉郷,2014). 2006 年 11 月 16 日に鹿児島県南さつま市笠沙 町沖で,2013 年 10 月 10 日に肝属郡肝付町内之 浦湾でそれぞれ 1 個体のホソイトヒキサギが定置 網により採集された.これらの標本は鹿児島県に おける本種の標本に基づく初めての記録となるた め,ここに報告する.

鹿児島県から得られたクロサギ科ホソイトヒキサギ Gerres macracanthus の記録(畑晴陵・伊東正英・本村浩之)