はじめに ヤマネ Glirulus japonicus は,本州,四国,九州, 隠岐島後に分布する 1 属 1 種の日本固有種で, 1975 年に国の天然記念物に指定されている(金 子,2005).頭胴長約 75 mm,尾長約 50 mm,体 重は約 17 g 前後であるが冬眠前には約 37 g に達 する(金子,2005; Iwasa, 2005).体毛について, 背面は淡褐色で,背中に黒褐色の一筋の線があり, 目の周りや尾も黒褐色である.尾は,ネズミと違っ て,長い毛で覆われている. 生息域は低山帯から亜高山帯の森林で,主に 夜間・樹上活動をする.行動圏は雄で 2 ha, 雌で 1 ha であり,生息密度は 0.8 頭 /ha である(芝田, 2000).樹洞などに樹皮やコケを敷き詰めて巣を 作る.食性をみると,盲腸をもたないため,高栄 養で消化しやすい果実,種子,花(花蜜),新葉, 昆虫などを摂食する(芝田,2000).食物が欠乏 する冬季には冬眠に入るため,秋季に大量の脂肪 を体内に蓄積している.越冬は中部地方で半年に も及ぶが,温暖な和歌山では 4 ヶ月と短い(芝田, 2000; 湊,1986).越冬場所は,樹洞,落ち葉の下, 浅い土の中,朽木内である(湊,1999).ヤマネ 科の動物は一般に冬眠期間中も中途覚醒する (Walhovd, 1976; 大津,1991).

鹿児島県大隅半島におけるヤマネ Glirulus japonicus の生息確認と分布(船越公威・安田雅俊・南尚志)