トカラ列島は屋久島と奄美大島の間に位置し, 7 つの有人島(口之島,中之島,諏訪之瀬島,平島, 悪石島,小宝島,および宝島)と 5 つの無人島(臥 蛇島,小臥蛇島,小島,上ノ根島,および横当島) から構成され,トカラ列島が属する鹿児島郡十島 村の行政区域の長さは 162 km におよぶ(長嶋ほ か,2009).その中間に位置する平島(Fig. 1)は 面積 2.08 km 2 ,周囲 4.5 km,最高高度 243 m の古 期火山列島のひとつであり,人口はおよそ 70 人 である(長嶋ほか,2009;加藤,2013;鹿児島県, 2020).本研究以前の平島における魚類の報告は 多くないものの,平島産の標本に基づきアオスミ ヤ キ Epinnula pacifica Ho, Motomura, Hata and Jiang, 2017 が新種記載され,2016 年に鹿児島大 学総合研究博物館により行われた平島の魚類相調 査では日本初記録のハナサキタナバタメギス Pseudoplesiops immaculatus Gill and Edwards, 2002 や世界 3 個体目のヒゲモジャオコゼ Cocotropus possi Imamura and Shinohara, 2008 が採集され報告 された(Ho et al., 2017;Koeda et al., 2017;小枝・ 本村,2018;Motomura, 2020). 第一著者は 2018 年 5 月から 2020 年 3 月にか けて平島における魚類相調査を島民の方々のご協 力のもとで行った.本調査の過程で採集された魚 類の一部はすでに報告されており[ネコザメ Heterodontus japonicus Miklouho-Maclay and Ma- cleay, 1884: 中 村・ 本 村,2019; カ ガ ミ ダ イ Zenopsis nebulosa (Temminck and Schlegel, 1845): 伊藤・本村,2019;ヒゲニジギンポ Meiacanthus grammistes (Valenciennes, 1836): 森 下・ 本 村, 2019],ここでは本調査で得られた魚類のうち, トカラ列島から初めて記録された 4 種のハタ科魚 類を報告する.

平島における魚類相調査で確認された トカラ列島記録のハタ科魚類 4 種(中村潤平・本村浩之)