ホウセキハタモドキ Epinephelus miliaris (Valen- ciennes, 1830) は環境省が発行する海洋生物レッ ドリストにおいて絶滅危惧 IB 類に指定されてい るハタ科ハタ族魚類(Serranidae: Epinephelini)で あり(環境省,2017),アフリカ東岸から日本, サモアにかけてのインド・太平洋の島嶼域に分布 する(Cabanban and Sadovy de Mitcheson, 2011).本 種の日本国内における分布記録は少なく,これま で沖縄島と石垣島からのみ報告されていた(瀬能, 2013). 2019 年 6 月 12 日に八重山諸島西表島沖の水深 160 m で第 2 著者により 1 個体のホウセキハタモ ドキが釣獲された.本標本は本種の西表島におけ る初めての記録であるためここに報告し,形態・ 色彩を詳細に記載する.

八重山諸島西表島から得られた 絶滅危惧魚類ホウセキハタモドキ(中村潤平・立原一憲・福地伊芙映・本村浩之)