ウグイスゴマダラハタ Epinephelus magniscuttis Postel, Fourmanoir and Guézé, 1963 はインド・西太 平洋の島嶼域とトンガから散発的に記録されてお り,日本国内においては種子島からのみ知られて いる知見に乏しいハタ科ハタ族魚類(Serranidae: Epinephelini)である(Nakamura et al., 2018). 2019 年 12 月 16 日に奄美大島沖の水深 270 m 地点において 1 個体のウグイスゴマダラハタが漁 獲された.本標本は日本国内における本種の 2 例 目の記録となるためここに報告し,形態と色彩を 詳細に記載する.

奄美大島から得られた国内 2 例目のウグイスゴマダラハタ(中村潤平・前川隆則・本村浩之)