コイ科フナ属魚類 Carassius Jarocki, 1822 は我 が国ではもっとも馴染みの深い純淡水魚のひとつ で,国内では北海道から琉球列島にかけての,多 くの小さな島嶼部を含む各地に分布する(細谷, 2013).本属魚類が同じく馴染み深い淡水魚であ るコイ Cyprinus carpio Linnaeus, 1758 よりも美味 であることは一般に認められるところであり(松 井,1931),主として流れの緩やかな河川中下流 域や湖沼,水田やクリーク等といった人間生活の 空間と近しい場所に生息する本属魚類は,古来よ り重要なタンパク源となってきた.フナ属魚類に はクローン繁殖個体(3 倍体)の存在が古くから 知られ,雌の比率がきわめて高い地域があること が明らかとなっている.このクローン繁殖個体は 大陸の集団と日本列島の集団との交雑に起因する ものを含む交雑由来の個体である(Murakami et al., 2001;高瀬ほか,2007).フナ属各種・亜種の 分類学的位置はこのような交雑由来個体を含むこ とや,その形態が多様であるために混乱を続けて いる.細谷(2013)は国内のフナ属として 6 種・ 亜種を認めているが,遺伝的に明確に独立するゲ ンゴロウブナ Carassius cuvieri Temminck and Sch- legel, 1846 以外のフナ属魚類については,抜本的 な分類学的再検討が求められる状況が続いてい る.細谷(2013)が認める 6 種・亜種のほか,琉 球列島に自然分布するフナ属の独立集団について は保全上の重要性がきわめて高い状況にあるもの の,依然として学名未決定のままとなっている(遠 藤(高田),2017). 鹿児島県内にはこれまでにギンブナ Carassius langsdorfii Temminck and Schlegel, 1846 と国内移入 種であるゲンゴロウブナの 2 種のほか,オオキン ブナ Carassius buergeri buergeri Temminck and Sch- legel, 1846 と思われるものも発見されている(鹿 児島県の自然を記録する会,2002).著者らによ る調査の過程で,1 対の口髭をもつフナ属類似個 体が 1 個体採集され,フナ属の 1 種とコイの交雑 個体であると判断された.このような交雑個体の 自然下での報告例は近年では皆無で,少なくとも 九州では記録がないことから,本稿で報告する.

鹿児島県から得られたフナ属の 1 種とコイの交雑個体の記録(日比野友亮・久木田直斗)