ニホンカモシカ(Capricornis crispus)は偶蹄目 ウシ科ヤギ亜科の日本固有の哺乳類で,1934 年 に特別天然記念物に指定され,全国的に保護の対 象とされている.中国地方を除く本州,四国,お よび九州に分布し,九州ではこれまで大分県,宮 崎県,熊本県に生息していることが知られおり, いずれの九州 3 県においても絶滅の恐れのある動 物(大分県 V U,宮崎県 VU,熊本県 IB)とし て 指 定 さ れ て い る( 熊 本 県,2009; 大 分 県, 2011;宮崎県,2016).鹿児島県には日置市の黒 川洞窟などから縄文・弥生時代のニホンカモシカ の動物遺体が見つかっていることから,かつて生 息していたと考えられているが(西中川ほか, 1993),それ以降の記録はなく、現在分布は認め られていない.

鹿児島県におけるニホンカモシカの目撃報告(田金秀一郎)