イソギンポ科魚類(Blenniidae)は世界で約60 属390 種が知られており,そのうち30 属80 種が 日本国内から記録されている(村瀬ほか,2011; 藍澤・土居内,2013).薩摩半島西岸における魚 類相調査の過程で,4 個体のマツバギンポ属と2 個体のハタタテギンポ属魚類が採集された.その 後, これらの標本はそれぞれマツバギンポ Mimoblennius atrocinctus (Regan, 1909) とフタホシ ニジギンポPetroscirtes springeri Smith-Vaniz, 1976 に同定された.各種の日本国内における記録はマ ツバギンポが八丈島から高知県沖の島にかけての 太平洋沿岸,小笠原諸島,および鹿児島県硫黄島 以南の琉球列島で,フタホシニジギンポが山口県 日本海沿岸,千葉県館山湾から高知県柏島にかけ ての太平洋沿岸,および愛媛県室手である(藍澤・ 土居内,2013).したがって,両種は九州沿岸か らの初記録となるためここに報告する.

九州沿岸初記録のマツバギンポとフタホシニジギンポ(餅田樹・森下悟至・本村浩之)