ニジギンポ族(Nemophini)は底生生活をおこ なう種が多いイソギンポ科魚類の中で,鰾を有し 遊泳生活をおくることが知られており,世界の暖 海に5 属50 種以上が知られている( 村瀬, 2018).ヒゲニジギンポ属Meiacanthus はインド・ 西太平洋から28 種が知られており(Smith-Vaniz and Allen, 2011),日本国内からはオウゴンニジギ ンポMeiacanthus atrodorsalis (Günther , 1877),サ ツキギンポMeiacanthus ditrema Smith-Vaniz, 1976, ヒゲニジギンポMeiacanthus grammistes (Valenciennes, 1836),およびカモハラギンポMeiacanthus kamoharai Tomiyama, 1956 の4 種が記録されてい る(藍澤・土居内,2013).このうちヒゲニジギ ンポM. grammistes は,比較的飼育が容易なため 観賞魚として人気が高く(森岡・水谷,2006), 飼育環境における産卵と育成の知見も蓄積されて いる(鈴木ほか,2006).鹿児島県内のヒゲニジ ギンポの標本に基づく記録は,奄美大島と徳之島 からの報告のみにとどまる(Nakae et al., 2018; Mochida and Motomura, 2018).
2019 年3 月24 日にトカラ列島平島東之浜港か ら1 個体のヒゲニジギンポが採集された.記載標 本は本種のトカラ列島における標本に基づく初め ての記録となるため,ここに報告する.

平島から得られた標本に基づく トカラ列島初記録のヒゲニジギンポ(森下悟至・本村浩之)