ミカヅキツバメウオPlatax boersii Bleeker, 1853 は,日本からインドネシアにかけての西太平洋に 分布するマンジュウダイ科魚類である(岸本ほか, 1988; 岸本,1997;Heemstra, 2001; 林・萩原, 2013;畑・本村,2018).日本国内においては石川・ 松浦(1897)が八重山諸島から得られた標本をも とに初めて報告し,その後,福井県,岩手県から 鹿児島県大隅半島東岸にかけての太平洋沿岸,伊 豆諸島,小笠原諸島,大隅諸島,沖縄諸島および 八重山諸島から報告されている( 岸本ほか, 1988; 吉野,2008; 三浦,2012; 林・萩原, 2013;Koeda et al., 2016;鏑木,2016;Motomura and Harazaki, 2017;木村ほか,2017;畑・本村, 2018;三木,2019).
2019 年3 月4 日に鹿児島県奄美大島近海にお いて1 個体のミカヅキツバメウオが採集された. 本標本は奄美群島における本種の標本に基づく初 めての記録となるため,ここに報告する.

奄美大島から得られた奄美群島初記録のミカヅキツバメウオ(上城拓也・前川隆則・本村浩之)