ハモ科Muraenesocidae は紅海を含むインド洋 および西太平洋の温帯から熱帯域に広く分布し, 日本近海からは2 属4 種が知られている(波戸岡, 2013).そのうちハモMuraenesox cinereus (Forsskål, 1775) は日本国内においてTemminck and Schlegel (1846) により長崎県産の標本をもとに初めて報告 され,その後,青森県,新潟県から薩摩半島西岸 にかけての日本海・東シナ海沿岸,瀬戸内海,福 島県から大隅半島東岸にかけての太平洋沿岸,お よび東シナ海大陸棚から記録されていた(波戸岡, 2013;公益財団法人鹿児島市水族館公社,2018; 小枝,2018). 2019 年3 月に鹿児島県奄美大島近海において 2 個体のハモが採集された.本標本は琉球列島に おける本種の標本に基づく初めての記録となるた め,ここに報告する.なお,本研究の課程で,鹿 児島湾産のハモ1 標本(KAUM–I. 55882,全長 838.0 mm)も比較標本として調査した.この標 本は本種の鹿児島湾からの標本に基づく初めての 記録となる.

奄美大島から得られた琉球列島初記録の 黒褐色を呈するハモ(上城拓也・前川隆則・本村浩之)