クジャクガイ Septifer bilocularis (Linnaeus, 1758)はイガイ目イガイ科の二枚貝で,房総半島・能登半島以南,熱帯インド・西太平洋の潮間帯から水深 10m までの岩礁に分布する.クジャクガイの生態はこれまでほとんど研究例がない.そのため,本研究では本種の基礎生態についてサイズ頻度分布と年齢構成,年齢頻度分布を調査し,生活史を明らかにすることを目的とした.調査は鹿児島県鹿児島市桜島袴腰海岸の潮間帯中部の下で行った.2008 年 2 月から 2009 年 1 月にかけて毎月 1 回大潮の干潮前後に 50 cm × 50 cm のコドラートを 3 ヶ所設置し,コドラート内のイガイ類を全て採集した.採集した個体は冷凍した後分類し,ノギスを使って殻長を 0.1 mm まで計測し,1 mm あたり 2個体ずつ肉眼または顕微鏡を使い年輪解析を行った.クジャクガイ以外のイガイ類は個体数が少なかったため,本調査では除外した.サイズ頻度分布から,3.0 mm 以下の新規加入個体は 6 月から 10 月にかけてだと推定された.2–5月は 21.1–27.0 mm にピークが出る一山型のグラフになり,6–11 月は 12.0 mm 以下の割合が増えて多山型に,1 月は 2–5 月と同様の一山型のグラフになった.サイズ頻度分布には 1 年周期の周期性が見られた.サイズピークは 21.1–27.0 mm に出ること が 多 か っ た. こ の 結 果 と, 同 じ イ ガ イ 科 のDreissena polymorpha が 3–4 mm に達するには産卵から定着まで 18–28 日を要し,定着からさらに 1 ヶ月を要することから,新規加入個体は 4 月下旬から 9 月中旬に産卵された個体だと考えられる.年輪解析の結果,殻長は年齢に有意に相関を示した.6 歳以上は個体数が少なく,あまり見つからなかった.年齢が一定以上になると成長率が落ちているように見えるが,この調査結果からは断定できない.新規加入個体が採集された 6–11 月は,0 歳の個体が他の月に比べて大きな割合を示した.0 歳の個体はほとんどが 9.0 mm 以下で見つかった.サイズ頻度分布のピークは何れかの年齢のサイズ頻度分布のピークと重なることが多かった.年齢頻度分布には 1 年周期の周期性が見られた.6 月に6.1–9.0 mm の 0 歳の個体が見つかったことについて,Dreissena polymorpha の例から,産卵は 2 月下旬か 3 月上旬に開始されているか,前年の産卵期の終盤に産卵された個体が,年輪が確認できない大きさで越冬した可能性がある.多年生であるクジャクガイのサイズ頻度分布に複数のピークが生じにくく,3 歳までは年齢が上がるほど個体数が多く,4 歳以上では年齢が上がるほど少なくなるのは,年齢とサイズによって定着のしやすさ,そして生存率に差があるためとだと考えられる.

鹿児島県桜島袴腰海岸における クジャクガイ Septifer bilocularis (Linnaeus, 1758) の生活史調査 — 殻の外部生長線解析に基づく年齢推定 —(前園浩矩・冨山清升)