フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum (A. Adams, 1855) は,東北地方以南,西太平洋各地に分布するフトヘナタリ科に属する雌雄異体の巻貝であり,アシ原やマングローブ林の干潟泥上に生息している.鹿児島市喜入町を流れる愛宕川の河口干潟にはメヒルギ Kandelia candel (L) Druce やハマボウ Hibiscus hmabo Sieb. et Zucc. からなるマングローブ林が広がっており,周辺の干潟泥上にはフトヘナタリが生息している.本研究では,フトヘナタリのサイズ頻度分布の季節変化を調査し,生態学的特長を調べるとともに武内(2005),中島(2007)の報告と比較し,フトヘナタリの生活史を考察した.まず,2007 年 1 月~ 2007 年 12 月の期間に毎月 1 回,大潮か中潮の日の干潮時に,各調査区において,フトヘナタリをランダムに 100 個体以上採取し,殻幅を記録した.その結果,6 月まで殻幅のサイズピークが 9.1–11.0 mm だったものが 7月からサイズピークに変化が見られた.さらに,喜入調査区において 2007 年は目立った新規個体の参入時期がないことがわかった.中島(2007)の報告と比較したところ,新規個体参入に関しては違いがあったが,繁殖時期と成長パターンはほぼ同じであると考えられた.

フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum の生態学的研究 — マングローブ林周辺におけるサイズ頻度分布の季節変化 —(井上康介・冨山清升・中島貴幸・片野田裕亮・安永洋子)