シマガツオ科魚類 Bramidae は日本近海から 6属 10 種が知られ(波戸岡・甲斐, 2013; Hibino et al., 2014 ),そのうちツルギエチオピア Taractes rubescens (Jordan and Evermann, 1887) を除く 9 種が鹿児島県から報告されている(畑ほか, 2015 ;畑・本村, 2016 ;畑, 2017, 2018 ).また,本科魚類の 1 種,リュウグウノヒメ Pterycombus petersii (Hilgendorf, 1878) は漁獲されることが極めて稀な魚として知られる( Last and Moteki, 2001 ).本種は幼魚期に極めて大きな背鰭と臀鰭をもち(波戸岡・甲斐, 2013 ),その特徴的な形態から日本近海において漁獲されると,報告されることも多く(例えば田中, 1950 ;水沢, 1964 ;本間・杉原,1964 ),水族館において飼育が試みられたこともある(冨山, 2013 ).しかし,鹿児島県における記録は極めて少なく,薩摩半島西岸(南さつま市笠沙町沖)と大隅半島東岸(内之浦湾)からのものに限られ(畑ほか, 2015 ;畑, 2018 ),薩南諸島における記録はなかった.2016 年 7 月 20 日,鹿児島県大隅諸島種子島北方から延縄により, 1 個体のリュウグウノヒメが漁獲された.本標本は薩南諸島における本種の初めての記録となるため,ここに報告する.

種子島近海から得られたシマガツオ科魚類リュウグウノヒメの記録(畑晴陵・高山真由美・本村浩之)