ニザダイ科魚類ナガテングハギモドキの鹿児島県薩摩半島と種子島からの記録

ニザダイ科テングハギ属Naso魚類は,世界で20種が有効とされており(Randall, 2001, 2002; Johnson, 2002; Ho et al., 2011),日本からは16種が知られている(島田,2013;瀬能ほか,2013;松沼・本村,2013).ナガテングハギモドキNaso lopezi Herre, 1927は,インド洋東部と西太平洋の温帯から熱帯域に広く分布し(Randall et al., 2003; Allen and Erdmann, 2012;島田,2013),日本国内では新潟県,千葉県から九州の太平洋沿岸,甑島,屋久島,沖縄諸島以南の琉球列島,および小笠原諸島から記録されている(島田,2013;松沼ほか,2015;Iwatsuki et al., 2017). 鹿児島県における魚類相調査の過程で,薩摩半島西岸と種子島から6個体のテングハギ属魚類が採集された.これらの標本は計数形質や体各部の特徴からナガテングハギモドキに同定された.記載標本は鹿児島県本土と種子島における本種の標本に基づく初めての記録となるため,ここに報告する.