食 肉 目 イ タ チ 科 の ニ ホ ン ア ナ グ マ Meles anakuma (以下,アナグマ)は,日本固有種で本州,四国および九州に生息している( Kaneko, 2015 ).高山帯の混交林,低山帯の落葉広葉樹林および都市近郊や里山まで広く分布し,その生活史,生態や行動については各地域で調査されている(金子,2001, 2002, 2008 ; Tanaka et al., 2002 ; Tanaka, 2005 ;船越・重信, 2006 ; Kaneko et al., 2009 ;鮫島ほか, 2015 ;島田・落合, 2016 ).九州地方の各県では個体数が増加傾向にあるようで,有害駆除数も年々増加している.特に,鹿児島県では有害駆除数が近年急増しており,年間 5 千頭前後の捕獲数について,国内外から適切な駆除数であるかどうか懸念されている.そこで,県内各地域のアナグマの交通事故死亡(以下,ロードキル)個体数の変化が生息個体数(密度)の相対的な変化を反映していると想定して,生息個体数が増加傾向にあるのかどうか,それと連動して捕獲数が増加しているのかどうかを検証した.また今後のアナグマの保全について言及した.

鹿児島県のニホンアナグマ Meles anakuma の現状について -交通事故死個体数と捕獲数の年次変化から-(船越公威・松元海里)