アジ科魚類は日本近海に 61 種が分布することが知られ(宮本ほか,2011;瀬能,2013;岩坪ほか,2016),そのうち鹿児島県内においてはクボアジAtropus atropus (Bloch and Schneider, 1801),ヨロイアジ Carangoides armatus (Rüppell, 1830),コガネアジ C. bajad (Forsskål, 1775),アンダマンアジ C. gymnostethus (Cuvier, 1833),キイヒラアジ C. uii (Wakiya, 1924),オオクチイケカツオ Scomberoides commersonnianus Lacepède, 1801, テ ル メ ア ジSelar boops (Cuvier, 1833),ホソヒラアジ Selaroides leptolepis (Cuvier, 1833),およびコガネマルコバンTrachinotus mookalee Cuvier, 1832 の 9 種を除く 52種 の 分 布 が 確 認 さ れ て い た(Motomura et al., 2007, 2010;北,2007;財団法人鹿児島市水族館公 社,2008; 瀬 能,2013; 畑,2013; 武 内,2014;畑ほか,2015;Motomura et al., 2016;鏑木,2016;岩坪ほか,2016;畑・本村,2016, 2017a–c; Motomura and Harazaki, 2017; Koeda et al., 2017;畑,2017).

奄美大島から得られたアジ科魚類 3 種: ミナミギンガメアジ,オニアジ,およびホソヒラアジ(畑晴陵・前川隆則・中江雅典・本村浩之)