トラギス科魚類は日本近海において 29 種が知られる(荻原・遠藤,2011;島田,2013;日比野ほか,2013). そ の う ち, ワ ニ ト ラ ギ ス Ryukyupercis gushikeni (Yoshino, 1975) は,沖縄島近海から得られた個体に基づき記載され,長らくトラギス属Parapercis に含まれてきた(例えば,吉野,1984; Shimada, 2002). そ の 後,Imamura and Yoshino (2007) は本種を単型属であるワニトラギス属に帰属した.奄美大島の魚類相を調査する過程で,2017 年4 月 10 日に 1 個体のワニトラギスが採集された.本標本は本種の薩南諸島における初めての記録となるとともに,本種の分布の北限を更新するものとなるため,ここに報告する.

奄美大島から得られた薩南諸島初記録および北限記録のワニトラギス(畑晴陵・前川隆則・栗岩薫・中江雅典・本村浩之)