クビワオオコウモリ Pteropus dasymallus の亜種 であるエラブオオコウモリ P. d. dasymallus は,口 永良部島を含めてトカラ列島に分布している.本 亜種は天然記念物で絶滅危惧 IA 類にランクされ ている.これら島嶼の総生息頭数は 200 頭を越え ないとされ,口永良部島の個体数は 50–100 頭で 推移していると予測されている(船越・國崎, 2003).その後の個体数の変化は十分に把握され ておらず,競合種と考えられるヤクザルの移入や 2015 年 5 月の新岳の爆発的噴火の影響でエラブ オオコウモリの生息が危惧されている.そこで, 本亜種の生息状況や個体数の把握,ねぐら場所の 安定性および餌資源を精査することを目的として 実施し,それらの成果を基に今後の保全策を検討 した.

口永良部島の新岳噴火後における エラブオオコウモリの生息状況と今後の保全について(船越公威)