鹿児島湾喜入町愛宕川支流の河口に位置する 喜入干潟は,太平洋域における野生のマングロー ブ林の北限地とされ,腹足類や二枚貝類をはじめ 多くの底生生物が生息している.しかし 2010 年 から道路整備事業の工事が始まり,これによって 干潟上の動物群集が大きな被害を受けた.干潟の 破壊が干潟の動物群集にどれほどの影響を与えた か,また生態がどのように回復していくのか調査 する必要性がある. 喜入干潟には非常に多くの巻貝類が生息して い る. そ の 中 で も, 主 に ウ ミ ニ ナ Batillaria multiformis (Lischke, 1869), ヘ ナ タ リ Cerithidea (Cerithideopsilla) cingulate (Gmelin, 1791),カワア イ Cerithidea (Cerithideopsilla) djadjariensis (K. Martins, 1899) が多く生息している.採集も容易 で,個体の移動も少ないことから,この三種を環 境評価基準として研究に用いた.種の同定を行う 際,ヘナタリとカワアイの幼貝が目視で判別する ことが極めて困難であるため,今研究ではこの二 種をヘナタリの仲間としてまとめた.研究地点は, 二つ設定した.一つ目は工事により大きな影響を 受けたと考えられる橋の真下である(Station A). 二つ目は工事による直接的な影響を受けていない と 考 え ら れ て い る 愛 宕 川 支 流 の 近 く で あ る (Station B). 調 査 は,2014 年 12 月 か ら 2015 年 11 月まで行った.毎月一回採取したウミニナと ヘナタリの仲間について,各月ごとのサイズ別頻 度分布,個体数の季節変動をグラフにして,生態 の変化について研究した.

鹿児島湾喜入干潟での防災整備事業における 愛宕川河口干潟の巻貝類の生態回復(神野瑛梨奈・前川菜々・春田拓志・冨山清升)