マンボウ属魚類は世界中の温帯・熱帯海域に分 布し,全長 3 m 以上,体重 2 t 以上の巨体になる ことから,標本の採集,運搬,保存が非常に困難 な魚である(山野上・澤井,2012).ミトコンド リア DNA を用いた系統解析の研究が始まるまで, 日本近海ではマンボウ[Mola sp. B(山野上ほか, 2010)]とウシマンボウ[Mola sp. A(山野上ほか, 2010)]の 2 種が 1 種として長い間混同されてき た(山野上・澤井,2012).DNA 解析と形態調査 を組み合わせた研究から,これまでに確認された 日本近海における両種の体サイズ範囲は,マンボ ウは全長 31–277 cm,ウシマンボウは全長 181– 332 cm であり,全長 1.8 m 以上において両種は形 態 的 に 異 な る( 澤 井 ほ か,2009;Yoshita et al., 2009).また,全長 1.8 m 以下のウシマンボウは 日本近海では未だ確認されておらず(澤井ほか, 2015a, b),鹿児島県ではマンボウの出現のみが遺 伝的に確認されている(Yoshita et al., 2009). 鹿児島大学総合研究博物館には,鹿児島県産の 全長 1 m 以上のマンボウ属 2 標本が液浸(ホルマ リン)で保存されている.本属は全長 1 m を超え ると体重 50 kg 前後と重くなり(澤井,未発表), また保存する大きな容器が必要となるため,通常 全長 1 m 以上の標本は剥製にして保存される. よって,同館の全長 1 m 以上の本属液浸標本は日 本国内でも稀有であり,学術的価値が高い. そこで本研究では,同館のマンボウ属 2 標本の 形態を調査し,ウシマンボウとマンボウのどちら であるか改めて種同定を行った.また,同館には 生鮮時の写真が保存されていたため,ホルマリン 固定後の色彩変化も観察した.

鹿児島大学総合研究博物館に保存されていた マンボウ属魚類標本の形態的種同定(澤井悦郎)