ゴイシウミヘビ属 Myrichthys は臼歯状の歯を もち,両顎と鋤骨に複数歯列を有すること,胸鰭 が短く,基底部が幅広いこと,背鰭起部が鰓孔直 上よりもはるかに前方に位置することなどの特徴 をもち(McCosker and Rosenblatt, 1993; Smith and McCosker, 1999),日本からはシマウミヘビ M. colubrinus (Boddaert, 1781) とモヨウモンガラドオ シ M. maculosus (Cuvier, 1816) の 2 種が知られて いる(波戸岡,2013). 鹿児島県内におけるモヨウモンガラドオシの 標本に基づく記録としては,これまでに奄美大島 から 1 個体の報告があるのみであった(Tanaka, 1913).2013 年 5 月 5 日に宇治群島宇治島から 1 個体のモヨウモンガラドオシが採集され,また鹿 児島大学総合研究博物館所蔵の標本を調査する過 程で奄美群島喜界島産の 1 個体が見つかった.こ れら 2 標本は宇治群島ならびに喜界島における本 種の標本に基づく初めての記録となるため,ここ に報告する.

宇治群島宇治島と奄美群島喜界島から得られたウミヘビ科魚類 モヨウモンガラドオシ Myrichthys maculosus(畑晴陵・日比野友亮・伊東正英・本村浩之)