鹿児島県の南薩地域は九州の南西端にあた り,その海岸線の多くは岩礁帯から成り立ってい る.そのため多くの種類の海産固着性貝類・付着 性貝類が生息することが予想されるが,その分布 についての詳しい研究はほとんど行われていな い.特に笠沙から坊津にかけては急峻な山並みが 沈水して出来たリアス式海岸が形成されており, 調査の手が入りにくい地形となっている.そこで 本研究では笠沙町,坊津町,枕崎市,知覧町,頴 娃町,山川町という 6 つの地点を定め,南薩地域 の海産固着性貝類・付着性貝類の分布調査を行っ た. 調査は,笠沙町,坊津町,枕崎市,知覧町,頴 娃町,山川町の 6 つの地点の海産固着性貝類・付 着性貝類を,2013 年 1 月から 7 月の間,月に 1 回, 大潮の日の干潮前後に調査地に行き,約 2 時間見 つけ捕り採集を行った.採集する数は同定に必要 と考えられる必要最小限の数とした.採集したサ ンプルは茹でて肉抜きした後,水道水で洗い,乾 燥機で一週間程乾燥させ,同定を行った. 調査の結果,笠沙町では 9 科 12 種,坊津町で は 11 科 16 種,枕崎市では 10 科 14 種,知覧町で は 14 科 22 種,頴娃町では 10 科 13 種,山川町で は 15 科 23 種を確認した.6 地点の合計としては 22 科 48 種を確認した.アッキガイ科やニシキウ ズ科,ヨメガカサ科のように 6 地点全てで確認出 来た科もあれば,1 つの地点のみでしか確認でき ない科もいくつかみられた. この調査結果を基に Simpson の多様度指数を用 いて各調査地の海産固着性貝類・付着性貝類の多 様度を求めた.その結果,笠沙町で最も高く(最 も複雑な群集),山川町で最も低い値(最も単純 な群集)となった.笠沙町の多様度指数が高い理 由としては,一つ目に笠沙町の調査地がリアス式 海岸を形成しているため人のアプローチが少なく 海岸生態系の撹乱があまりないこと,二つ目に笠 沙町が黒潮海流の影響を強く受ける場所であるこ とが考えられる.山川町の多様度指数が低い理由 としては,調査地が長崎鼻付近ということで,観 光客が多く,貝類の採取等によって海岸の自然が 乱されていることが考えられる.さらに地点間の 群集の類似度を野村・シンプソン指数を用いて求 め,類似デンドログラムを作成した.その結果, 類似度は知覧 ― 頴娃間が最も高かった.これは 知覧と頴娃の調査地が,阿多溶結凝灰岩が侵食さ れ出来た岩礁帯という共通の地形的特長をもって いることが大きな理由だと考えられる.次に類似 度が高かった笠沙 ― 坊津間もリアス式海岸中の 岩礁と転石が混じりあった似た地形同士だったこ とから,群集の類似度には海岸地形が大きく関係 していることが考察される.

鹿児島県南薩地域の海産固着性貝類・付着性貝類の分布(大島浩明・冨山清升)