宮崎県の沿岸域を中心に甲殻類に寄生するエ ビヤドリムシ上科等脚類を調査しているが(三浦 ほか,2014),かつて鹿児島湾で採集した甲殻類 からも日本未記録のエビヤドリムシ類を見いだし たので,報告する. 等 脚 目 ウ エ ノ エ 亜 目 エ ビ ヤ ド リ ム シ 上 科 Bopyroidea Rafinesque, 1815 は, 世 界 で 600 種 以 上が知られ,比較的大型の十脚甲殻類から小型の 貝形類まで,底生 ・ 遊泳性を問わず,多様な宿主 に寄生し(WoRMS Editorial Board, 2013; An et al., 2009),その鰓腔内に入り込むか,腹部などの外 面に付着し,宿主の寄生部位が大きく変形するこ とも多く,漁獲対象種のエビ類では商品価値を下 げることもある.日本は戦前から椎野による研究 がなされ,世界で最も本動物群の分類 ・ 生態研究 が進展している海域と言える(Shiino, 1933– ほか; 齋藤,2002).エビヤドリムシ類は他生物に寄生・ 共生する甲殻類にも寄生するため,超寄生者 hyperparasite となることがある.本報告もその一 例である. 鹿児島湾および奄美大島のウミシダ類と共生 する生物に関しては,すでに報告したが(三浦, 2012),その補足として桜島袴腰海岸のニッポン ウミシダに共生するウミシダヤドリエビの鰓腔に 超寄生するエビヤドリムシ類を紹介する.なお, 調査方法等は三浦(2012)に詳細があり,本稿で は材料の説明に簡潔に示すのみにした. 等脚目甲殻類 Isopoda Latreille, 1817 については 上位分類の体系に複数の考え方があり,まだ議論 の途上にあることから,本論文では,旧エビヤド リ ム シ 亜 目 Epicaridea Latreille, 1831 を World Register of Marine Species (WoRMS) のサイトで使 用されている仮の分類体系に従って (WoRMS Editorial Board, 2014), エ ビ ヤ ド リ ム シ 上 科 Bopyroidea Rafinesque, 1815 として扱う.このグ ル ー プ に は 5 科 が あ り, エ ビ ヤ ド リ ム シ 科 Bopyridae Rafinesque, 1815 も含まれている.エビ ヤドリムシ科はさらに 8 亜科に分かれ,本報告で はその 1 亜科 Hemiarthrinae に属す未同定種を報 告する.なお,標本は宮崎大学農学部(MUFS) に保管されている.

鹿児島湾のニッポンウミシダ上に棲息するウミシダヤドリエビに 超寄生するエビヤドリムシ類の記録(三浦知之)