カスミサンショウウオ(Hynobius nebulosus)は, サンショウウオ目サンショウウオ科に属し,愛知 県以西に分布する代表的なサンショウウオ類であ る.鹿児島県は分布域の最南端に当たり,県内で 確認されているサンショウウオ類 4 種(コガタブ チサンショウウオ,ベッコウサンショウウオ,オ オダイガハラサンショウウオ,カスミサンショウ ウオ)のうち,本種は唯一平地から丘陵地のいわ ゆる里山を生息環境としている.通常,成体及び 幼体は陸域で生活しており,落葉層が厚く餌の土 壌動物が豊富な樹林や竹林等で見られるが,産卵 は水域で行われるため,繁殖期(12 月から翌年 2 月頃まで)には水田や水路,溜め池等に集まる(図 1).このように人間の行動圏付近で生活している ことから,他のサンショウウオ類に比べ人為的影 響を受けやすく,近年耕作放棄や農薬の使用等に よる生息環境の悪化に伴い,急速に個体数を減ら している.環境省レッドリスト(2012 年)及び 鹿児島県レッドデータブックでは,“ 絶滅危惧 II 類 ” に指定されている.

鹿児島県産カスミサンショウウオの産卵生態と 生息環境モデルを用いた生息域推定(宅間友則・今吉努・鮫島正道)