平成 21 年度,指宿市の市民グループ「指宿ムー ビープロジェクト」の自主制作映画は,その前年 夏に「知林ヶ島」を題材にあったシナリオコンテ ストで,優秀作品賞となった拙著「砂の道の向こ う」を基にした映画である. 文系・法学部出身の私は,自然について知っ ていただく方法としての文芸に関心がある.「ネ イチャー・ライティング」とも言われ,自然観察 会や講演会よりも広範囲の人々に,メッセージを 届けられる方法と考える. 今回の映画は,今年元旦からの IT による映像 公開,指宿市内,伊佐市,鹿児島市での 5 回の公 式上映会,地域のミニ上映会により,既に概算 2 千人を超える人々が観覧された.また,(財)日 本自然保護協会では,「もうひとつの自然保護活 動」として,機関紙記事に取り上げていただいた. 観覧者は,国外にまでいらっしゃるという.

映画「砂の道の向こう」で伝えたいこと(柳田一郎)