2008 年3 月現在,日本周辺水域から4028 種の 魚類が報告されている.過去記録された日本産魚 類全種を扱った最新の一般向け図鑑は2002 年に 出版された(Nakabo, 2002).日本は水産国とい われるだけあり,魚類の研究は大学や博物館,国 の研究所などの研究機関をはじめ,各自治体の試 験場や学校,水族館,さらには一般個人によって 盛んに行われている.そのため,日本産魚類にお ける新知見はかなりのスピードで蓄積されてい る.例えば,Nakabo (2002) 以降,現在までの6 年間で165 種の魚類が新たに日本から発見され た.これらの新知見は国内外の各種学術雑誌や各 研究機関の機関紙など様々な出版物によって報告 されているため,魚類学を専門としている研究者 でさえ新知見を完全にフォローすることは容易で はない. 鹿児島県は県土が南北600 km におよび,多 くの島嶼も有している.さらに,奄美大島と種子 島・屋久島の間に位置する有名な渡瀬線を始め, 鹿児島県には海産魚類に関して,2 つの動物地理 学的区分線がある.これら2 区分線で分けられる 3 つの異なる魚類相を有する鹿児島県は,魚類の 種多様性が日本ではもっとも高い県といえる.そ のため,ダイビングでフィッシュウォッチングを するために県外から訪問する人も多く,ダイビン グのガイドを含め,鹿児島県の一般市民の魚類へ の関心は高い. 本報告では,2007 年1 月から12 月に間に報 告された鹿児島県の魚類に関する新知見を一般向 けに分かりやすく紹介したい.今後はできるだけ 毎年本誌で鹿児島の魚類研究ハイライトを紹介し たいと考えている.なお,以下に紹介する魚類の 掲載順番はNelson (2006) に従った.

2007 年に報告された鹿児島県の魚類に関する新知見(本村浩之・櫻井真)