マングローブ干潟におけるキヌカツギハマシイノミガイMelampus (Micromelampus) sincaporensic Pfeiffer, 1855 とカワザンショウガイ科数種の間での生活史比較

鹿児島県喜入町の愛宕川河口の干潟には,メヒ ルギ Kandelia candel やハマボウ Hibiscus hamabo からなるマングローブ林が広がっているためフト ヘナタリ C.rhizophorum A. Adams, 1855 やコゲツノ ブエ Clypeomorus coralium (Kiener, 1834),ヒメカ ノコガイ C.oualaniensis (Lesson, 1831) といったよ うな他の一般の海岸にはあまり見られない巻き貝類 が生息している.この干潟の上部には海岸棲のシバ 類であるナガミノオニシバZoysia sinica var.nipponica や ハ マ サ ジ Limonium tetragonum (Thunb.) A. A. Bullock が生育している一帯があり,そこではオ カミミガイ科に属するキヌカツギハマシイノミガ イ Melampus (Micromelampus) sincaporensic Pfeiffer, 1855 と,カワザンショウ科の数種が同所的に生 息している.キヌカツギハマシイノミガイは三河 湾以南の内湾や河口汽水域干潟のヨシ原等にすむ 雌雄同体の巻き貝であり,カワザンショウ科は汽 水産で高潮帯の草間岩れきに生息する雌雄異体の 巻き貝のグループである.キヌカツギハマシイノ ミガイは研究例が少なく,特に生態は明らかにさ れていない.本研究ではキヌカツギハマシイノミ ガイを中心として,殻高サイズ分布の季節変動を 明らかにすると同時に鹿児島湾内における生息状 況を調査することにより生活史を解明する事を目 的とした.