干潟は川が海へ注ぎ込むところに砂や泥が蓄 積して形成される汽水域,砂泥性地帯のことを指 す.海の中で最も生産力が高い場所の一つであり, そこには多様な生物が生息している.上流から流 れてくる有機物や無機塩類を浄化するフィルタ- の役割も果たしている. そこに生息する底生生 物により水が浄化されるためである.そしてその 底生生物を餌とする生物もおり,固有の生態系を 築きあげている. 干潟はまさに「命の宝庫」と 言える.生物だけでなく,私たちもこの干潟から 貝類など豊かな水産資源の恩恵を享受している. しかし,20 世紀後半以降,日本では沿岸域にお ける埋め立て事業の進行によってその多くが急速 に減少した.日本にあった干潟の半分はすでに失 われてしまったと見積もられている(佐藤, 2014).一度消失した干潟が再び自然に復活する ことは難しく,人工的な再生では持続的な生態系 を維持することは難しい(森田,1986;渡部, 1995;山本 ・ 和田,1999;風呂田,2000;田代 ・ 冨山,2001;上村 ・ 土屋,2006;安達,2012). 鹿児島県鹿児島市喜入町愛宕川支流河口干潟であ る喜入干潟も人の手によって環境を攪乱されたも のの一つである.2010 年からの防災道路整備事 業によって,マリンピア橋が建設された.これに よって,喜入干潟の一部が破壊され,干潟上の生 物相が大きな被害を受けた.

鹿児島湾喜入のメヒルギ林マングロ-ブ干潟において 防災設備事業により破壊された巻貝類の生態回復(中間朋和・冨山清升)