体側の赤点(あるいは朱点)の有無によって 陸封型のアマゴとヤマメは分類学的に区別されて きた(大島,1957).これらを含むサクラマス類 似種群は最近では 4 亜種(アマゴ Oncorhynchus masou ishikawae,ヤマメ O. m. masou,ビワマス O. masou subsp.,およびタイワンマス O. m. formo- sanus)として分類されることが多い(Kottelat, 1996;McKay, 1998;細谷,2013).一方で,過去 には別種とする意見もあった(加藤,2002).し かしこれらを総合した遺伝学的解析と形態的解 析,及び動物命名規約に沿って十分学名を含めた 検討はされていない.琵琶湖のビワマスは陸封型 のアマゴの降湖タイプと長く考えられてきたが, 形態や生態も違うことからアマゴの降湖タイプか ら格上げして別種ではないかと考える研究者もい る(Fujioka and Fushiki, 1998;手賀ほか,1998; 加藤,2002;桑原・井口,2007;Kuwahara et al., 2012).Gwo (2008) は AFLP 解析の結果からサク ラマス類似種群はタイワンマスを含めて 4 亜種と した.Nakabo (2009) は計数・形態的特徴,過去 の遺伝学的解析結果による推定された分化年代 (Oohara and Okazaki, 1996),大分県玖珠盆地から 得られたビワマス類似化石の地質年代(Uyeno et al., 2000)からタイワンマスは最も原始的である と推定してタイワンマスを別種とした.これらの 経緯と研究経過を踏まえて,その後ビワマスはア マゴとは異なり,Nakabo (2009) の意見を踏襲し て亜種レベルとしている(細谷,2013).従って サクラマス類似種群は分類学的位置付けの合意は まだ得られていない状況であり,正しい学名を含 めて動物命名規約に沿って十分な分類学的検討も されていない.なお,アマゴとヤマメの降海型は それぞれサツキマスとサクラマスと呼ばれる. 日本では朱点が無いヤマメは関東以北の太平 洋岸と日本海側全域,国外では朝鮮半島とロシア のカムチャッカ半島南部,大分県の瀬戸内海の周 防灘と伊予灘に注ぐ河川を除く九州の河川に分布 するとされている.朱点が有るアマゴ は神奈川 県西部以西本州太平洋岸, 四国,瀬戸内海に注ぐ 中国地方南部,四国北部,及び九州の大分県の一 部(山国川,駅館川,大分川,大野川等)の河川 に分布する(大島,1957).境界部分は大島ライ ンとして知られる.ビワマスは琵琶湖のみで知ら れ,タイワンマスは台湾の北部の大甲渓から知ら れる(Iwatsuki et al., 2019;Gwo, 2008).

サクラマス類似種群 4 亜種における Cytochrome b 全域(1141 bp)解析 による 6 つの遺伝グループの生物学的特性と地理的遺伝系統 (Iwatsuki et al., 2019 の解説) (岩槻幸雄・田中文也・稻野俊直・関伸吾・川嶋尚正)