ツミ Accipiter gularis (Temminck & Schlegel, 1844) は,夏鳥または留鳥として北海道から九州,奄美 諸島と沖縄諸島でみられ,一方,亜種リュウキュ ウ ツ ミ Accipiter gularis iwasakii Mishima, 1962 は 留鳥として石垣島,西表島と与那国島でみられる とある(日本鳥学会,2012). 鹿児島県内のツミの繁殖は喜界島と与論島で 確認されているが(鹿児島県 RDB,2016),ここ で は, 基 亜 種 ツ ミ Accipiter gularis gularis (Tem- minck & Schlegel,1844) であるのか亜種リュウキュ ウツミ Accipiter gularis iwasakii Mishima,1962 なの かは定かにされていない.高木(2008)によれば リュウキュウツミの繁殖記録は与論島のみであ り,他の島嶼での可能性もあるとしている.また ツミとリュウキュウツミの亜種レベルでの同定は 難 し く 注 意 が 必 要 で あ る と し て い る( 森 岡, 1995).本報告での沖永良部島の繁殖記録も種レ ベルとしてのツミとして扱い,沖永良部島に生息 するツミがリュウキュウツミであるか否かの判断 はつけていない.今後,遺伝子レベルの研究が俟 たれる. ツミの一般的な形態・生態の概要について述 べる.雄の全長は約 27 cm,雌は約 30 cm で猛禽 類の中では小型である.生息環境は平地から山地 の林や市街地の緑地,都市公園,植林地など様々 である.繁殖期は 3–8 月で,巣はマツなどの高い 木の枝に皿型の巣をつくる.食性は主に小型鳥類 であり,その他は昆虫類,哺乳類,爬虫類などを 採食する(清棲,1978).繁殖生態については明 らかにされているが地域別の詳細な情報は少な く,さらに島嶼別での確認事例は断片的である. 沖永良部島のツミの繁殖は平地の林でみられ, 繁殖環境は植林されたリュウキュウマツとモクマ オウの林であった.これまで沖永良部島での詳細 な繁殖の報告例はない.本研究は沖永良部島で繁 殖するツミについて生態写真を添えてここに報告 する. 鳥類の繁殖生態についての情報は自然環境の 保全という課題に応えるため極めて重要であり, 基礎資料としても必要である.特に地域別の繁殖 状況や繁殖の有無に関する現状把握のための確認 調査は,広い意味での「鳥類の保護」に通ずるも のがある.

沖永良部島におけるツミの繁殖(中村麻理子・田中伸一・鮫島正道)