オニカッコウ Eudynamys scolopacea は,カッコ ウ目カッコウ科に属するカッコウ類である.イン ドからフィリピンにかけての東南アジアに広く分 布しており,多くの地域では留鳥であるが,中国 南部では夏鳥として渡来する(del Hoyo et al., 1997).国内では迷鳥として 1970 年に西表島で確 認された(黒田,1971).この記録は鳴き声のみ の記録で,録音音源などの客観的な証拠がなかっ たことから参考記録とされた.2005 年以降沖縄 県与那国島や愛知県岡崎市などで記録されたこと から,日本鳥類目録改訂第 7 版に記載され,日本 産鳥類として認められた(日本鳥学会,2012). 鹿児島県においては,2006 年 7 月に南さつま市 金峰町において雄が確認されている(小園・所崎, 2007)ほか,2015 年 5 月に奄美大島で鳴き声が 確認されている(浜地ほか,2017).沖縄県宮古 島では繁殖の可能性が示唆されている(浜地ほか, 2017).また,喜界島では 2019 年 5 月に湾頭原展 望所付近でオニカッコウの雄が観察・撮影されて いる(奄美新聞社,2019 年 5 月 15 日). 筆者らは,2019 年 6–7 月にかけて,喜界島に おいて複数のオニカッコウを観察し,撮影及び録 音した.繁殖期におけるオニカッコウのつがいと 思われる記録は沖縄県に続くものであり,本種の 分布拡大を示す重要な観察記録と考えられること から,ここに報告する.

喜界島におけるオニカッコウの夏期の観察記録(岡部海都・鮫島正道)