イボニシ Reishia clavigera (Kuster, 1860) は,北 海道南部,男鹿半島以南に分布しているアッキガ イ科に属する肉食性巻貝である.従来の研究では, 吉元・冨山(2014),緒方・冨山(2018)などによっ て生活史が報告されてきたが,複数個所でのイボ ニシの計測は行われていない.本研究では,イボ ニシのサイズ分布の調査を行い,場所ごとの形態 の違いを明らかにすることを目的とした.調査は 鹿児島湾内 10 か所から採集されたイボニシの殻 標本 300 個体を用いた.デジタルカメラ(Canon IXY 650)で撮影した画像を,画像計測ソフト (Micro Measure)を用いて計測を行った.計測に は,Kameda et al. (2007) がオキナワヤマタカマイ マイ属やニッポンマ イマイ属を計測する際に用 いた計測方法,Urabe (1998) がチリメンカワニナ を計測する際に 用いた計測方法,冨山(1984) がタネガシママイマイを計測する際に用いた方法 を使用して計測を行った.結果,変形 Kameda 式 のユークリッド距離では地点 E,F,B,A,K と 地点 G,I,J,C,H がそれぞれグループを形成 した.変形 Kameda 式のマハラノビス距離では地 点 E,J,K と地点 C,H,B,A,F がそれぞれ グループを形成した.Urabe 式のユークリッド距 離では地点 C,J,H,G,I と地点 K,A,B,E, F がそれぞれグループを形成した.Urabe 式のマ ハラノビスでは地点 E,A,K,G,J がグループ を形成した.変形 Tomiyama 式ユークリッド距離 では地点 G,I,C,H と地点 E,F,J,B,A,K がそれぞれグループを形成した.変形 Tomiyama 式マハラノビス距離では地点 F,A,H,G,K が 同じグループを形成した.地理的に隣接した地点 でクラスタが見られたのは,変形 Kameda 式の ユ ー ク リ ッ ド 距 離 の E 地 点 と F 地 点, 変 形 Kameda 式のマハラノビス距離の J 地点と K 地点, 変形 Tomiyama 式の E 地点と F 地点,Urabe 式の ユークリッド距離の A 地点と B 地点,E 地点と F 地点だった.これらから一部の地域で隣接する 地点でクラスタを形成することが分かった.隣接 した地域でクラスタが見られなかった原因として は,イボニシの撮影の時に殻標本の角度を一定に しなかったことなどが考えられる.

鹿児島湾におけるイボニシの形態比較(齋藤元樹・冨山清升)