鹿児島県は日本の西南部に位置し,大きく本 土と離島の2つの地域分かれている.これまで, 離島の多くで陸産貝類の分布調査が行われていた が,県本土の詳しい生物地理学的な分布調査の研 究は比較的少ない.そこで本研究は薩摩半島東シ ナ海側に注目し,12 地点での陸産貝類の分布調 査を行い,各調査域における陸産貝類相を明らか にすることを研究目的とした.薩摩半島東シナ海 側の 12 カ所において,目視による陸産貝類の見 つけ取りをおこなった.同定作業後地点ごと種別 にラベルをつけ保存した.その後地点ごとに類似 度指数,鹿児島県のレッドデータブックによる希 少性の点数分けを行い、データをまとめた. 調査の結果,鹿児島県日置市・南さつま市内 の 12 地点の調査の結果,中腹足目 8 種,柄眼目 13 種,足襞目 1 種の合計 22 種,個体数 931 個体 の陸産貝類が採集された.12 地点の内最も多く の種数が採集できた地点は C 千本楠であり,中 腹足目 4 種,足襞目 7 種の合計 11 種が採集された. 最も少ない種数が採集された地点は,H 玉御前神 社の中腹足目 2 種であった.

鹿児島県薩摩半島の東シナ海側における陸産貝類の分布(牧本里穂・冨山清升)