ウミニナ Batillaria multiformis (Lischke, 1869) は 内湾環境や河口域干潟に生息する典型的な巻貝で あり,個体ごとの形態の差異が多いことが知られ ている.藤田(2009)は,全国的に生息地が減少 し,減少傾向にあるウミニナが鹿児島湾では普通 にみられると報告しており,鹿児島県(2016)で は,分布特性上重要とされている.本研究では, 鹿児島県内の河口干潟におけるウミニナの殻形態 を比較し,本種における鹿児島県内での各河口・ 干潟の殻形態の明らかにすることを目的とした. また,近縁種でありウミニナと,殻での区別が困 難なホソウミニナ Batillaria cumingii (Crosse) を比 較対象として使用した.ウミニナの標本は鹿児島 県の 22 河川で採集し,各河川で 30 個体ずつ合計 660 個体採集した.また,鹿児島県出水市長島町 の伊唐浦のホソウミニナを比較のため採集し,使 用した.計測には,Kameda et al. (2007) がオキナ ワヤマタカマイマイ属やニッポンマイマイ属を計 測する際に用いた計測方法(Kameda 式),Urabe (1998) がチリメンカワニナを計測する際に用いた 計測方法(Urabe 式),冨山(1984)がタネガシ マ マ イ マ イ を 計 測 す る 際 に 用 い た 計 測 方 法 (Tomiyama 式)を使用し,計測した変数の平均を それぞれ地点ごとに算出し,マハラノビス距離と ユークリッド距離で各個体群間の殻形態に基づく 類似距離をクラスター分析の多変量解析で求め た.クラスター分析の結果,地理的に隣接してい る地点でクラスターを形成するものもあったが, 地理的にまとまったクラスターはほとんど形成し ていなかった.比較対象として使用したホソウミ ニナはマハラノビス距離を用いた Kameda 式, Tomiyama 式のデンドログラムを除いて,ウミニ ナの個体群とすべて混ざる結果となった.ユーク リッド距離同士のデンドログラムの比較では Urabe 式・変形 Kameda 式・変形 Tomiyama 式す べ て に お い て 1 つ の 同 じ ク ラ ス タ ー, 変 形 Kameda 式・変形 Tomiyama 式において 5 つの同 じクラスターを形成した.

鹿児島湾におけるウミニナ Batillaria multiformis (Liscke, 1869) の殻形態の比較(村永蓮・冨山清升)