ニザダイ科テングハギ属(Acanthuridae, Naso) は尾柄側面に不可動の骨質板を 1–2 個もつニザダ イ科魚類で,インド・太平洋域から 20 有効種が 認めら れ(Randall, 2001, 2002; Johnson, 2002; Ho et al., 2011),このうち日本では 15 種が知られて いる(島田,2013;瀬能ほか,2013;松沼・本村, 2013).シノビテングハギ(Naso tergus Ho, Shen and Chang, 2011)は台湾をタイプ産地とし,フィ リピンおよび日本のトカラ列島中之島および琉球 列島にて確認されている(松沼・本村,2013; Matsunuma et al., 2013; 松 沼 ほ か,2015).2008 年 2 月 21 日に三重県志摩市で漁獲され,三重大 学大学院生物資源学研究科水産実験所に保管され たテングハギ属の標本を精査したところ,シノビ テングハギに同定された.本標本は日本から得ら れたシノビテングハギの北限記録であるとともに 三重県初記録であるため,ここに報告する.

三重県志摩市から得られたシノビテングハギの 三重県初記録および北限記録(髙橋夢加・木村清志)